2010年04月09日

<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)

 岡田克也外相は2日の記者会見で、中国政府が日本人3人の死刑執行を近く行うと日本政府に通告してきたことを明らかにした。3月29日に別の死刑囚の執行を伝えてきたばかりで、中国国内で死刑が行われる予定の日本人は計4人になった。いずれも今月上旬に執行される可能性がある。

 岡田氏は2日、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、日本国民の対中感情に悪影響を与えかねないと懸念を伝えた。

 外務省によると3人は▽名古屋市の無職、武田輝夫(67)▽岐阜県の同、鵜飼博徳(48)▽福島県の同、森勝男(67)の3死刑囚。瀋陽の日本総領事館に1日、文書で通告された。3人は、中国国内で購入した大量の覚せい剤を日本に密輸しようとした疑いで03〜04年、中国当局に逮捕された。いずれも麻薬密輸罪で起訴され、07年に死刑判決が確定していた。先に通告してきたのは中国国内で麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた赤野光信死刑囚(65)。

 岡田氏は記者会見で「死刑が4人続くことが国内世論に影響を及ぼす」と指摘、中国政府の対応に疑問を示した。【野口武則、吉永康朗】

【関連ニュース】
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
イラン:反政府デモ拘束者解放求め、刑務所前に毎晩市民
大阪パチンコ店放火:「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ
ファイル:内政・外交・安保 死刑執行通告、政府が「懸念」
死刑:執行、中国1000人超 2カ国制度廃止−−09年、アムネスティ報告

日本医師会あての鉢植え発火 職員のライター、フィルム引火か(産経新聞)
山口大の不正経理、調査対象40人超す(産経新聞)
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け(時事通信)
首相動静(4月2日)(時事通信)
政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に−沖縄知事(時事通信)
posted by タニウチ キミオ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。