2010年02月06日

介護報酬の増額検討=12年度改定で−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は30日、介護従事者の給与について「ほかの産業に比べ、まだ高くない現状もある」とした上で、「介護報酬の中で(引き上げを)検討していく必要がある」と述べ、2012年度の次期改定で介護報酬増額を目指す考えを示した。東京都国分寺市内で記者団に語った。
 その上で「(介護報酬を)上げ過ぎると(サービス利用者の)自己負担や保険料に跳ね返ってくる」と指摘。このため、介護職員のみを対象としている11年度末までの処遇改善交付金についても「一過性で終わらせず、恒久的に措置していきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
日暮里舎人ライナーが運転再開(産経新聞)
<岡田外相>普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定(毎日新聞)
婚礼戦線異状あり ホテルウエディングの巻き返しなるか(産経新聞)
人口当たり医師数に16.4倍の地域差―日医総研(医療介護CBニュース)
posted by タニウチ キミオ at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。